私たちの生命に欠かすことのできない、空気、水、食物、
それらの入り口ともいえる口腔の健康状態は、全身の健康とも深い関係があります。

歯周病と全身疾患のかかわり


歯周病を単にお口の病気としてでなく、全身の病気の一部として捉えることが歯周病の予防だけではなく、さらには生活習慣病などをはじめとした全身疾患の予防と治療につながると考えられます。

1.喫煙

喫煙は歯周病の最大のリスクファクター
喫煙者は、歯周病の発症や進行のリスクが高まります。これは、歯肉の血流量の低下、歯周組織の慢性的な低酸素状態、活性酸素の増加などにより免疫機能が低下し、歯周病原菌の歯周ポケットでの定着・増殖を促進するためと考えられます。

2.動脈硬化・心臓血管疾患

心臓血管疾患のリスクを高める歯周病
歯周組織の炎症や血流に入った歯周病原菌の内毒素が、動脈硬化の進行に関与するためと考えられています。歯周ポケットが全体に渡って深い場合はそこから内毒素が進入し、毛細血管から全身に広がるリスクが高くなります。

3.糖尿病(高血糖)

歯周病と糖尿病の相互関係
歯周病は糖尿病の合併症です。一方、最近の研究では歯周病も糖尿病へ影響を及ぼすと考えられるようになってきました。糖尿病患者の歯周病を治療することで血糖コントロールが改善し、血中HbA1c濃度がおよそ1%低下するとの報告もあります。これは歯周原菌の減少により炎症サイトカインが抑制されて、インスリン抵抗性が改善されるためと考えられています。

4.肺炎

口腔内を清潔に保つことが肺炎予防に
高齢、認知症、脳血管障害、手術後などの状態では、嚥下反射と咳反射が低下して誤嚥を生じ、歯周原菌やその他の口腔内細菌が肺に感染して、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高くなります。

5.骨粗しょう症

歯周病と骨粗しょう症の関連性
女性、特に閉経後の女性に多く見受けられる骨粗しょう症。骨粗しょう症は、歯槽骨を含む顎骨の骨密度を低下させ、歯周病に罹患している場合には、歯槽骨吸収がより進むことがわかっており、歯周病の進行のリスクになることが指摘されています。

6.メタボリックシンドローム・肥満

炎症サイトカインの歯周病への影響
内臓脂肪型肥満の脂肪細胞では、炎症性サイトカインの分泌が増加することが分かっています。この炎症性サイトカインの影響で歯周病が進行すると考えられます。炎症性サイトカインの分泌が多い状態がつづくと、免疫システムのバランスがくずれて、歯周病にかかりやすくなると考えられています。

7.早産・低体重児

歯周病が引き起こす早産による低体重児出産
歯周組織から分泌される炎症性サイトカインやプロスタグランジンが子宮の収縮を促進して、早産になりやすくなると考えられています。