最新歯科医療を取り入れ、皆様に安心して通院していただける歯科医院を心掛けて日々研鑽していく歯科医院です
投稿
  • HOME »
  • お役立ち情報

お役立ち情報

骨粗しょう症の方へ(ビスフォスフォネート系薬剤について)

骨粗しょう症や外科疾患の治療薬の中にビスフォスフォネートといわれる種類のお薬があり、注射剤と飲み薬があります。

全身の骨では破骨細胞が古い骨を溶かして骨芽細胞が新しい骨をつくる新陳代謝が常に行われています。ビスフォスフォネートは破骨細胞の機能を抑制し、骨の吸収を抑制すると考えられている骨粗しょう症に非常に有効なお薬です。

ところが海外では2003年頃からビスフォスフォネートの注射剤を使用している患者さんの一部で顎骨壊死が起こっていることが報告されてきました。

また、日本でも2006年頃から同じようなケースの報告が増えてきました。なぜ顎骨の壊死が特異的に起こるかははっきりしていませんが、あごの骨の中でも特に薄い粘膜で覆われている部分に発生しやすいことや歯周病などの感染性歯科疾患のある場合に起こりやすいことがわかっています。

また、ビスフォスフォネート注射薬との関連性が高いことも明らかになっています。服用期間が長期間になると経口薬でも顎骨壊死の危険性があがるという報告もありますが、はっきりはしていません。今後も研究がおこなわれ関連性が解明されていくとは思いますが、現段階では口腔内の精査をおこない、できるだけ清潔な状態に保つことが我々のできる対処法と考えられています。

先にも述べましたが、ビスフォスフォネートはとても効果的なお薬です。使用されている患者さんは、このような話があるからといって必要以上に心配したり、自分の判断で休薬をしたりすることのないようにしてください。

但し、骨粗しょう症の方でビスフォスフォネートを病院で注射を継続的に受けている場合や継続的に内服している場合は歯科治療を受診する時に担当歯科医師へその旨をお話しする事が大切です

病院と歯科医の間でビスフォスフォネートの投与期間を調整して慎重に治療を進めることになります。 又、これからビスフォスフォネートの投与を予定している骨粗しょう症の患者さんは投与開始前に積極的に歯科検診を受け、抜歯などの外科的処置が必要な場合はビスフォスフォネート投与前にその処置を完了しておくことが強く推奨されています

ビスフォスフォネート製剤
1.注射用製剤
アレディア、オンクラスト、テイロック、ビスフォナール、ゾメタ
2.経口製剤
ダイドロネル、フォサマック、ボナロン、アクトネル、ベネット

親知らずについて

「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯です。
(第三大臼歯、智歯とも言います)

親知らずは20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、この歯は場合によっては抜歯してしまった方が良いことがあります。

また、親知らずを抜かないで残しておいた方が良い場合や、抜歯後の痛み・腫れなどのトラブルについても説明していきたいと思います。

p7.jpg

上下左右に4本の親知らずが見られます

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。
また、親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。
そのため、親知らずが虫歯になったら治療をせずに抜歯をするというケースも多くあります。

親知らずを抜歯したほうが良い場合

(1)手前の歯と同じように生えてきているが、歯磨きが上手に出来ない場合。
(2)中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている場合。
(3)横向きに生えてきている場合。
(4)骨の中に完全に埋まっているが、レントゲン写真上問題がある場合。
(5)歯並びを悪くする恐れがある場合。
(6)時々、親知らずの周囲の歯茎が腫れる場合。

p8.jpg

親知らずを抜歯した後の写真です

親知らずを抜歯しなくても良い場合

(1) 手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合。
(2) 骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合。
(3) その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合。

※親知らずを抜かずに取っておくと、将来手前の歯が抜けてしまった場合にブリッジの土台や移植歯として使える可能性があります。
※ただし、親知らずを土台にしたブリッジはあまりお勧めしません。

親知らずを抜歯する時期

親知らずを抜く場合には、生えてから出来るだけ早い方が良いです。(20歳前後が最適)
その理由は以下の通りです。

  1. 虫歯や歯周病になってからでは遅い
  2. 虫歯や歯周病になってからだと、麻酔が効きにくくなる場合がある
  3. 若い時の方が、歯根がまだしっかりしていないので抜歯し易いし、親知らずを抜いた後の骨の回復が良い 。
  4. 抜く時期が遅いと、親知らずが骨と引っ付いてしまって抜くのが大変になることがある

親知らず抜歯後の後遺症について

特に下の顎の親知らずが水平に埋伏していた場合、抜歯後に周囲が腫れる事があります。 腫れることが事前に予想できる場合は抗生物質を投与します。上の顎の親知らずの抜歯は 比較的容易で予後も短期間で治癒しやすいです。

レーザー治療で歯肉の黒ずみを取る

レーザー治療で歯肉の黒ずみ(メラニン色素)を除去することが可能になりました。

歯肉の黒い箇所の表面を少しずつ、レーザー照射で焼く(無痛です)ことで正常な歯肉の色に近づけます。

レーザー治療で歯肉の黒ずみを取る

つつみ歯科医院ではNd:YAGレーザー機器を使用してメラニン色素を除去しています。

回数については個人差がありますが大体、3~4回程度です。

よく噛む事と健康長寿について

健康長寿の達成には、、、

現代日本人の死亡原因の上位を占めている癌、心筋梗塞、脳梗塞、感染性疾患、老衰には共通する一つの要因として、生活習慣、特に食習慣に過食、高カロリー摂取が認められます。

この食習慣は肥満、高脂血症、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、細胞癌化、細胞老化、死へと連鎖的に進行していき、このような連鎖反応の引き金を引くものは活性酸素群であると考えられています。したがって、健康長寿の達成には肥満と活性酸素群の抑制が大切です。

1.咀嚼と肥満予防

肥満の原因は、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていることです。肥満を防ぐには、栄養素の種類にかかわらず総摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えなければなりません。過食を抑えるには、よく噛む事が推奨されます。一口30回以上咀嚼していると口腔感覚刺激が視床下部に神経ヒスタミンを増加させ、満腹中枢を興奮させて早く満腹感が生じ、過食が予防されるので肥満を防ぐ事が出来ます。また、既に肥満の方には減量効果が現れます。

2.咀嚼と抗酸化作用

従来、健康増進の基本として栄養、運動、休養の三者が挙げられてきましたが、生活習慣病、免疫低下、発癌、老化などのメカニズムにおける活性酸素群の関与が明らかとなり、今日では栄養、運動、休養に加えて生体の抗酸化作用を高める事が人間の健康長寿にとって不可欠の問題となってきました。活性酸素の発生を抑えたり、発生したものを除去する抗酸化物質としてカタラーゼ、ペルオキシターゼ、ラクトフェリンなどがあり、これらは唾液中にも含まれています。したがって良く咀嚼すると唾液分泌が亢進し上記の抗酸化物質も増加して活性酸素の害を抑制する事ができます。

3.咀嚼と健康長寿

抗酸化物質には上記の他にビタミンA,C,EやSODなどがあり、また細胞を増殖、成長させ、あるいは老化、死滅した細胞を再生補充するための核酸や口腔粘膜および病原菌の表面を被覆し、感染を予防するタンニンなど健康長寿に有効な物質を多く含む植物性食品が知られているが、これらの健康長寿食品も良く咀嚼することにより植物細胞から有効成分を引き出し体内に吸収利用する効率を高めることができます。このように咀嚼は健康長寿に貢献していることが分かります。

歯になにかトラブルがあればしっかり噛む事はできません

日本人の死因は高い順に、癌、心臓病、脳卒中、肺炎と続き、上位3つは完全咀嚼法によりかなり防げることがわかっています。歯になにかトラブルがあれば、当然しっかり噛む事はできません。また、しっかり噛む事は小食にもつながり、健康になれば医者にもかかる必要が無く、余分なクスリも飲まなくて良くなりますので医療費を減らす事もできます。

当然、なにか器具を使うわけでもなく、ちょっと注意するだけで今すぐに始められるので誰でもいつでもできる事です。また、唾液中に含まれるパロチンという物質は不老長寿に大きく関係する物質と言われていますので、よく噛んで唾液がたくさん出るとパロチンも多く摂取できます。

ネズミの実験ですが、同じ内容の固形食と粉末食をそれぞれ与えて育てると、明らかに固形食を食べているネズミが長生きをします。つまりよく噛んだネズミが長生きしたということです。

日本人の寿命は世界1位を続けていますが、いくら長寿でも健康でなければその価値が半減します。ぜひ口の中を整えて名実ともに世界1位の長寿を保っていきたいものです。

そのためには普段から歯を大切に・・・

参考: 苫小牧民報記事『市民健康教室』

よく噛む事の効用 ①がん予防

よく噛めば、ガンにならない

ガンを発生させやすい影響のあるもの、それは「タバコと食事」です。タバコは百害あって一利無し。私は永年に亘り、患者さんを診てきましたがタバコを吸う人の方が歯周病の進行も進みやすいと思います。

最近の研究報告から・・・・
こげたハンバーグのみを食べて、糞便.の発ガン性物質の変動を調べたものがあります。
翌日が最も高く出現し、その次の日の糞便中にも前日の約60%の活性が認められ、三日を経過してやっと正常値になります。ここから考えられるのは、必ず野菜や果物を同時にとって、「よく噛む」ことが大切です。噛み砕かれることによって、野菜や果物から出るビタミン類が発ガン物質の生成を抑制するからです。次に、これら野菜をよく噛んだ際にできる食餌性繊維に、発ガン性物質が吸着されて、消化管の粘膜から吸収されずに、糞便として排泄されるようになるからです。野菜や海草などの繊維や細胞壁は、人間の持っている消化酵素ではほとんど処理することのできないものです。噛むことが行なわれて初めて、その栄養素を体に吸収させることができるというわけです。しかしファストフードに代表される高タンパク・高カロリーの食品のみに偏った食事を続けていると、腸管内の細菌叢がこわれて、嫌気性腐敗菌が優位となり、細菌の代謝産物といっしょに、発ガン性物質が腸管に作用して、大腸ガンなどを発生させると考えられています。ですから、肛門疾患や大腸ガンなどの予防には、野菜食やよく噛む食事がとても大切です。

また、唾液の中のペルオキシターゼという酵素が、発ガン物質の活性を低下させます。よく噛むことで唾液の分泌がスムースになります。
「よく噛む」という事はガンやアレルギーの予防のみならず、高血圧・高脂血症など成人病まで予防することのできる、全身の健康にとって大変重要な鍵なのです。

「よく噛む」ためには「歯を大切に」  ・・・・・・。

 

 

よく噛む事の効用 ② ボケ防止への特効薬

よく噛む事が脳に良いことをお話します

お年寄りは、病気などで動かないで寝ていると、足がやせて1週間ほどで立つこともできなくなり、寝たきり老人になってしまいます。これは口の中でも同様で、噛まなければ咀嚼に関係する筋肉がどんどん退化し、顔つきも変わってやせて年寄りくさくなるのです。そして、噛まないと脳の血流量も少なくなります。噛むことは、なんと平均20%も血流量を増加するということが、実験データにも出ているのです。近年大きな社会問題になっている老人性痴呆症には、脳の萎縮やこの「脳血流の虚血」が影響しているといわれています。つまり、よく噛んで脳血流を増やし、脳へ充分な酸素と栄養を運んであげることは、老化防止・痴呆予防へとつながるのです。

ついでに「老人ボケの防止法」を参考までに・・・・・(付録で私見ですが)

○ ボケの防止法 ー ① 考えること ② 書くこと ③ 働くこと
○ ボケ4つの用心ー ① 年金注意  ② 退職用心 ③ 退屈退治 ④ 不安追放
○ ボケないためにー ① みんなの輪の中へ入れ② 趣味を持て ③ 読んで書いて
④ 笑って ⑤ ライフワークを持て

皆さんは今のご自分にあてはめるとどうでしょうか?
よく噛むことは脳にも良いのです。そのためには歯を大切に・・・・。

参考:苫小牧民報記事『市民健康教室』

 

よく噛む事の効用 ③ ダイエットへの効果

ダイエットのためのヒントをお話します・・・。

よく噛むことで脳の満腹中枢が刺激を受け、満腹感を覚えるのでよけいに食べなくなります。また、よく噛んで食べることにより体温が上昇します。これを「食事誘発性体熱産生反応」といい、これが大きいほどエネルギーが体内に蓄積されず、太らないですむのです。

プラス、食べる順序についてのヒント・・・。
ステーキなどのような高脂肪食を食べる前に野菜を適宜よく噛むことで食餌性繊維が十分にできて、これが中性脂肪などを吸着し、体内への蓄積を予防することができます。

ダイエットのためには「歯を大切に」・・・・・。

歯磨きでがん予防

歯磨きでがんリスク3割減

1日2回以上歯を磨く人が口の中や食道のがんになる可能性は、1回の人より3割低いとの研究結果を、愛知県がんセンター研究所(名古屋市)がまとめた。

全く磨かない人の危険性は1回の人の1,8倍だった。約3800人を対象とした疫学調査の結果で、歯磨き習慣と発がんの関連を示す報告は国内初という。

横浜市で開催予定の日本癌学会で発表する。同研究所疫学予防部の松尾恵太郎室長は「口やのどには発がん物質とされるアセトアルデヒドを作る細菌がいる。

歯磨きで細菌や発がん物質が洗い流されるので、できれば3回磨けば、がん予防に役立つ」と話している。同センターを受診した人の中から、口の中やのどなどの頭頚部がんと食道がんの患者961人とがんでない2883人に、歯磨きや喫煙、飲酒などの習慣を聞いた。

年齢は20~79歳で平均は61歳。(北海道新聞H21.9.28)

フッ素の効果

フッ素には、再石灰化作用の促進(歯を修復する)、歯質の強化、う蝕の原因菌の活動抑制、という3つの働き(効果)があり、う蝕に対する抵抗力を高めてくれます。

つつみ歯科医院では「リンゴ味」のフッ素を採用していますので、小さなお子さんでも抵抗なく塗布できます。またフッ素を塗布したうえで、そこにレーザー照射をするとより効果的です。つつみ歯科医院ではNd:YAGレーザーを併用してフッ素のう蝕予防効果を高めています。

1.再石灰化作用の促進(歯を修復する)

歯面に吸着したフッ素イオンは0.1~1ppmの低濃度でも、初期う蝕の表層下脱灰部分の再石灰化を促進します。また低濃度フッ素イオンは、歯面の脱灰も抑制します。

2.歯質の強化

フッ素はう蝕の原因菌が出す酸に負けない(耐酸性)、強い歯を作ります。つつみ歯科医院ではNd:YAGレーザー照射を併用して予防効果を高めます。

3.う蝕の原因菌の活動性を弱める

フッ素は、う蝕の原因菌の解糖系酵素(エノラーゼ)を抑制する作用をもち、う蝕の原因菌の増殖や酸産生を抑えます。

知覚過敏について

 歯磨きをする女性

知覚過敏とは?

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には、「知覚過敏」の可能性があります。

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みであり、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。また、知覚過敏の場合は高頻度で楔状欠損が見られることも特徴の一つです。

tikaku-kabinn-2.gif

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は色々ありますが、共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。(正式名称は「象牙質知覚過敏症」と言います)

[知覚過敏の原因]

  1. ブラッシングのやり方に問題がある
  2. 歯周病や歯肉炎が原因
  3. 歯ぎしりや噛み合わせが原因
  4. 実は知覚過敏ではなく虫歯

知覚過敏の治療法

[知覚過敏が疑われる場合の対処法]

  1. まずは、正しいプラークコントロール(歯磨き等)を行う。
  2. ブラッシングの際に、知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用する。
  3. 上記の方法を1週間程度行っても痛みが無くならない場合にはすみやかに歯科医院に行き、知覚過敏の専門的な治療を受ける。

[知覚過敏の専門的な治療法]

重度の知覚過敏の場合には、歯科医院での専門的な知覚過敏治療が必要となります。
知覚過敏の専門的な治療法には次のようなものがあります。
・フッ化物の塗布
・歯科材料(レジンや歯科用セメントなど)で痛みのある部分をカバーする
・痛みのある部分へのレーザー照射
つつみ歯科医院ではH21.11月から新製品の「トクヤマシールドフォース」という歯科用知覚過敏抑制材料で痛みのある部分にカバーしたうえで、さらにレーザー照射を併用して知覚過敏の抑制効果に応用しています。

知覚過敏のほとんどは上記の方法により改善しますが、中には改善の見られない重度の知覚過敏も存在します。その場合には、最終手段として歯の神経を取ることもあります。歯の神経を取れば痛みは無くなりますが、歯が黒くなったり、割れやすくなったりするというデメリットがあります。そのため、できるだけ神経を取らないように治療が行われます。

以上が知覚過敏の際の基本的な治療法になりますが、知覚過敏の原因には色々なものがありますし、検査の結果痛みの原因が知覚過敏ではないということが判明することもありますので、上記以外の治療が必要になることもあります。

ブラッシングのやり方に問題がある

知覚過敏の原因で最も多いのは、間違ったブラッシング方法によって歯がすり減ったり、歯ぐきが下がって歯の根っこが出てきてしまうことによって知覚過敏になってしまうというものです。

この場合には、正しい歯磨きの方法を覚えることが最も重要になります。

正しい歯磨きを行うことによってこれ以上歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、さらに歯の再石灰化を促進することにより知覚過敏が改善されます。また、歯磨きを行う際に知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用すると効果的です。

それでも痛みが無くならない場合には、歯科医院で専門的な治療を受ける必要があります。

歯周病や歯肉炎が原因

歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまい、歯の根っこが出てきてしまうことで知覚過敏になってしまうこともあります。

この場合には、正しい歯磨きを行うことが知覚過敏・歯周病治療の両面において重要です。

正しい歯磨きを行うことによってこれ以上歯周病で歯ぐきが下がるのを防ぎ、さらに歯の再石灰化が促進されることにより知覚過敏が改善します。また、歯磨きを行う際に知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクト等)を使用すると良いでしょう。

それでも痛みが無くならない場合には、歯科医院で専門的な治療を受ける必要があります。

また、歯肉炎で歯茎が腫れている場合にも知覚過敏様の症状がでることがあります。

歯ぎしりや噛み合わせが原因

歯ぎしりやかみ合わせに問題があることによって歯が削れたり、アブフラクションが起こったり、ひび割れ(マイクロクラック)が入ったりすることによって知覚過敏になってしまうこともあります。

この場合には、原因となった歯ぎしりや噛み合わせへの対応が必要となる場合があります。
歯ぎしりが原因と思われる場合には「マウスピース」(ナイトガードと呼ばれることもあります)を装着したり、噛み合わせが原因と思われる場合には歯を少し削ってかみ合わせを調整(咬合調整と言います)したりします。

実は知覚過敏ではなく虫歯 

「虫歯が見当たらないので知覚過敏かな?」と思っていたら、実は虫歯だったということもあります。特に奥歯の虫歯や歯と歯の間の虫歯などは、自分で見つけることが非常に困難です。

もしも虫歯だった場合には進行した虫歯(C2以上)である可能性が高く、放っておくとどんどん進行してしまう恐れがあります。
そのため、正しい歯磨きを行ったり知覚過敏用の歯磨き粉(シュミテクトなど)を使用したりしても痛みがなくならない場合には、すみやかに歯科医院へ行きましょう。

ちなみに、次のような場合には高確率で知覚過敏ではなくて虫歯です。

・甘いものがしみる。
・ズキズキ痛む。
・何もしていなくても痛むことがある。
・痛みがすぐに引かずに、しばらく持続する。
(知覚過敏の場合には、一瞬キーンとするだけで痛みはすぐに無くなります)

« 1 2 3 »
PAGETOP