脳梗塞・心筋梗塞などの既往のある患者さんは、バイアスピリン、ワーファリン、パナルジンなどの血液を固まりにくくさせる薬(坑凝血剤)を毎日服用されております。脳梗塞や心筋梗塞は、細い血管のなかで血の塊が詰まったりした場合、 それより先に血液が供給されないことで脳や心臓に大ダメージを与える疾患です。

このような場合に歯を抜くと、出血が止まるまでに普通より時間がかります。

そのため、坑凝血剤の服用を止めてよいか?また止めるのであれば何日前からなら安全か?

などを、内科医と対診することで決定します。服用を止めないで、止血の為の色々な準備をしてから抜歯をすることもあります。

抗凝血剤を服用している方は歯科治療を受診される際には、必ずその旨を歯科担当医へお知らせください。