最新歯科医療を取り入れ、皆様に安心して通院していただける歯科医院を心掛けて日々研鑽していく歯科医院です
ブログ
  • HOME »
  • 歯周病のお話

歯周病のお話

歯周病ってどんな病気?①

歯周病は、歯垢(プラーク)中の細菌によって起こる病気です。

歯垢1mgに含まれる1億~10億個もの細菌が、歯ぐきに炎症をもたらします。さらに炎症が進むと、歯を支える骨「歯槽骨」も溶かしてしまい、最後には歯がぬけてしまうこともあります。

高齢者が歯を失う原因の多くはむし歯ではなく歯周病なのです。歯周病予防には、歯垢を除去することが何より大切です。

きちんとしたブラッシングを行い、さらに歯間ブラシやデンタルフロスで歯ブラシでは取れにくい部分の歯垢もしっかり取り除きましょう。

さらに つつみ歯科医院推薦のウォーターピック(ジェット水流洗浄器)を使うとより綺麗になります

プラーク.bmp

参考: 苫小牧民報記事『市民健康教室』

歯周病と全身疾患のかかわり

私たちの生命に欠かすことのできない、空気、水、食物、
それらの入り口ともいえる口腔の健康状態は、全身の健康とも深い関係があります。

歯周病と全身疾患のかかわり


歯周病を単にお口の病気としてでなく、全身の病気の一部として捉えることが歯周病の予防だけではなく、さらには生活習慣病などをはじめとした全身疾患の予防と治療につながると考えられます。

1.喫煙

喫煙は歯周病の最大のリスクファクター
喫煙者は、歯周病の発症や進行のリスクが高まります。これは、歯肉の血流量の低下、歯周組織の慢性的な低酸素状態、活性酸素の増加などにより免疫機能が低下し、歯周病原菌の歯周ポケットでの定着・増殖を促進するためと考えられます。

2.動脈硬化・心臓血管疾患

心臓血管疾患のリスクを高める歯周病
歯周組織の炎症や血流に入った歯周病原菌の内毒素が、動脈硬化の進行に関与するためと考えられています。歯周ポケットが全体に渡って深い場合はそこから内毒素が進入し、毛細血管から全身に広がるリスクが高くなります。

3.糖尿病(高血糖)

歯周病と糖尿病の相互関係
歯周病は糖尿病の合併症です。一方、最近の研究では歯周病も糖尿病へ影響を及ぼすと考えられるようになってきました。糖尿病患者の歯周病を治療することで血糖コントロールが改善し、血中HbA1c濃度がおよそ1%低下するとの報告もあります。これは歯周原菌の減少により炎症サイトカインが抑制されて、インスリン抵抗性が改善されるためと考えられています。

4.肺炎

口腔内を清潔に保つことが肺炎予防に
高齢、認知症、脳血管障害、手術後などの状態では、嚥下反射と咳反射が低下して誤嚥を生じ、歯周原菌やその他の口腔内細菌が肺に感染して、誤嚥性肺炎を発症するリスクが高くなります。

5.骨粗しょう症

歯周病と骨粗しょう症の関連性
女性、特に閉経後の女性に多く見受けられる骨粗しょう症。骨粗しょう症は、歯槽骨を含む顎骨の骨密度を低下させ、歯周病に罹患している場合には、歯槽骨吸収がより進むことがわかっており、歯周病の進行のリスクになることが指摘されています。

6.メタボリックシンドローム・肥満

炎症サイトカインの歯周病への影響
内臓脂肪型肥満の脂肪細胞では、炎症性サイトカインの分泌が増加することが分かっています。この炎症性サイトカインの影響で歯周病が進行すると考えられます。炎症性サイトカインの分泌が多い状態がつづくと、免疫システムのバランスがくずれて、歯周病にかかりやすくなると考えられています。

7.早産・低体重児

歯周病が引き起こす早産による低体重児出産
歯周組織から分泌される炎症性サイトカインやプロスタグランジンが子宮の収縮を促進して、早産になりやすくなると考えられています。

続・歯周病について

30代の約80%が歯周病。全身の健康とも密接な関係があることがわかってきました。

歯周病と全身の関係図.bmp
歯周病(歯肉炎・歯周炎)は細菌による感染症です。歯周病にかかっている人の割合は、歯肉炎も含めると30代で80%との報告があります。(平成11年厚生省歯科疾患実態調査)。

最近では、歯周病と全身の健康との関係について様々な研究が行なわれ、細菌そのものや、細菌の作る毒素や炎症を引き起こす物質が血液中に入り、全身の健康に影響を及ぼす可能性があることがわかってきました。

さらに、骨粗しょう症や糖尿病などの病気にかかっていると、歯周病が進行しやすく、また治りにくいことが知られています。

PMTCと殺菌水で歯周病予防

PMTC(保険導入された機械的歯面清掃)により歯の表面の着色を除去する前と、した後の状態です。

虫歯、歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。虫歯、歯周病予防の為には、毎日のオーラルセルフケアが非常に大事ですが、定期健診でブラッシング後の歯垢の残留確認、歯石除去、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)洗浄を受けることが大切です。

日常のオーラルセルフケアだけではなく、3~4ヶ月ごとの定期健診とPMTCは安定した口腔内を維持します。

さらに苫小牧つつみ歯科医院では歯周病細菌の除菌効果がある「高濃度次亜塩素酸殺菌水」をホームケア用として調整し、ご家庭でブラッシングの後での「ブクブクうがい」をお奨めしています。

pmct01.jpg

PAGETOP