歯の表面組織の「エナメル質」が摩耗した結果生じる「象牙質知覚過敏症」の治療法として露出した象牙質表面へ知覚過敏抑制材料を塗布します。

つつみ歯科医院では「ハイドロオキシアパタイト」によって象牙細管を封鎖する生体親和性に優れる新材料『ティースメイト ディセンシタイザー』を使用しています。

DSC00351.jpg

DSC00368.jpg

DSC00366.jpg