空気中のウイルスや細菌、タバコの煙、大気汚染、…私たちが生活している身の回りには、身体に害をおよぼすさまざまな物質が数多く存在しています。

そんな環境のなかで暮らしていても多くの人が病気にならずに済んでいるのはなぜでしょう?それは、私たちのからだに備わっている『免疫力』のおかげです。

外敵からからだを守る防衛システム

免疫力とは、さまざまな外敵からからだを守る防衛システムのことです。つまり、「健康な状態を維持しよう」とする力のことで、からだのあちこちで機能していて、いつもいろいろな敵と闘っているのです。

ですから、免疫力が十分に働いていれば病気にかかりにくく、たとえ病気になったとしても早く健康な状態に戻れるように力を貸してくれるのです。

免疫力の主役は血中を流れている「白血球」です。白血球の中には、免疫を担当する細胞が数種類(顆粒球・マクロファージ・NK細胞・NK-T細胞など)あって、それらの細胞が敵と闘うチームを組んでいます。風邪を例にとると、この免疫力が落ちている人が風邪を引きやすく、免疫力が高い人は風邪を引きにくいということになります。

歯周病も感染病の一種

新型インフルエンザも同じことです。つまり感染に対して抵抗力があるか否かという事です。歯周病も感染病の一種と考えられています。一生懸命に歯ブラシでブラッシングしても歯周病の改善が見られない場合は全身的な感染に対する抵抗力、つまり免疫力が落ちていることが推測されます。

歯周病の改善のためにはお口の中を清潔に努めることは言うまでも無く、体全体の免疫力を高めることも大切なことと思います。つつみ歯科医院では患者さんの免疫力を高めるための勉強を続けています。

歯周病を改善しながら全身の健康を高めていければこれに越したことはありません。学会で勉強したことを患者さんへ還元できるように努力していきます。