今回は顎関節症の治療に造詣の深い東京医科歯科大学客員准教授の石幡伸雄先生の講演会があり「顎関節症」について会員一同で勉強しました。

顎関節症といえば大変複雑な病因があり臨床現場でも対応に苦慮する部門です。

石幡先生は永年の研究から「顎の関節と運動の関係」に「かみ癖」という病因を探し出しました。

そのかみ癖を「特殊な顎の運動」と「周囲筋の運動・ストレッチ」によって改善させ、「顎関節症」の症状を消失させるという画期的な取り組み方を実技指導を交えて示唆されました。

この方法は患者さんにとってもご自分の歯を大量に削ることなく、優しい治療法といえます。

まさに「目からうろこが・・・」大変充実した勉強会でした。

石幡先生.png