あごを開けると痛い、あごが開きずらい、あごを開けるとき音がする、これらの症状を顎関節症といいます。あごの関節の動きが悪い場合や下顎が三次元的にずれることで起きる病気です。

顎の局所的な症状の他に頭痛、肩こり、めまい、腰痛などの諸症状も関連する場合があります。 

顎関節症の原因としては次の4つの事が考えられます。

(1)顎の筋肉に問題のあるもの
(2)顎の周囲の靭帯に問題のあるもの
(3)顎の関節円板といわれる組織に問題のあるもの
(4)かみぐせが原因で片方の顎の運動に偏り、顎の位置が偏位している場合

つつみ歯科医院では診断の結果、3種類の装置を状態によって使い分けて顎の動きをよくしていきます。

これが顎の関節です。かみ癖が極端な力で片方に偏ると顎の動きのバランスに微妙なずれが生じ痛みなどの症状が発生します。

開口時.gif

関節の解剖

つつみ歯科医院では東京医科歯科大学客員准教授石幡伸雄先生から指導を受けた 小さなプラスチックを患者さんのお口に装着して特殊な顎の運動や唇の周囲の筋肉ストレッチを応用した治療法を採用しています。

かみ合わせの調整のために歯を削ることがない優しい治療法です。

顎関節症の治療はその下顎の偏位を正常な位置へ誘導することが重要です。

CIMG0006-1.jpg  CIMG0009-2.jpg

石幡伸雄先生の著書「顎関節症はなおせます」 

 

(1)あごを開ける時に痛みがある方の歯の一部に装着するミニ・スプリントです。1日1時間位装着して、顎の運動や唇の周囲筋のストレッチをしてもらいます。下の写真では犬歯の奥の第一小臼歯に装着しています。1週間位で正常な状態へ回復します。(その日のうちに回復することもあります)

ミニ・スプリント ミニ・スプリント

(2)開口障害で指1本半の幅しか開口できない方。→顎の特殊運動やストレッチで→直ぐに3本の指の幅まで開口できるようになりました。

指1本半の幅しか開口できない

口が開くようになった

(指示とおりに顎の運動)

(3) レーザー治療との併用療法

顎関節付近にレーザー照射をして回復を促進させます。

レーザー照射写真.png